英語面接・プレゼンで「では、ここから」は何という?絶対、気を付ける点は?

英語での「では、ここから」の5つの表現

  1. "Let's move on to...":
    • 例: "Let's move on to the next topic."
    • 注意点: スムーズに次のセクションに移るために使います。
  2. "Now, let's take a look at...":
    • 例: "Now, let's take a look at the data from last quarter."
    • 注意点: 聴衆の関心を次の内容に引きつけます。
  3. "Next, we'll discuss...":
    • 例: "Next, we'll discuss the challenges we face."
    • 注意点: 次に取り上げる内容を明確にします。
  4. "At this point, I'd like to...":
    • 例: "At this point, I'd like to introduce our new strategy."
    • 注意点: プレゼンの流れを転換する際に有効です。
  5. "Let's proceed to...":
    • 例: "Let's proceed to the final part of our presentation."
    • 注意点: 形式的かつプロフェッショナルな印象を与えます。

プレゼンテーションで気を付ける点

  1. スムーズな移行を心がける:
    • 自然な流れで次の話題に移ることが重要です。上記の表現を使うことで、話題の転換をスムーズに行います。
  2. 視覚的なサポートを利用する:
    • スライドやグラフを使って、次の話題が何であるかを視覚的に示すと効果的です。
  3. 聴衆の注意を引き続ける:
    • 聴衆が次の話題に興味を持つように、引きつけるフレーズを使用します。
  4. 明確で簡潔な表現を使う:
    • 長々と話さず、簡潔で明確な表現を心がけます。これは、注意をそらさないために重要です。
  5. 自信を持って話す:
    • 自信を持って話すことで、聴衆に信頼感を与えます。声のトーンやボディランゲージも意識しましょう。

これらの表現と注意点を活用して、効果的なプレゼンテーションを行ってください。

この記事の筆者

Lio(りお)・ライター/信頼と実績のある日本の国家資格キャリアコンサルタント。米国CCE認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー&行動心理士。大手&外資系含め人事歴25年/海外で人事関係の学位取得(Professional diploma of Employment Relations)自らも転職5回&外資系含む大手200社受験経験有。海外子女でありTOEIC900点台をキープ。越境した働く!英語を活かして働く皆様をメディアとレッスンでご支援しております。

参考書でも生きた表現を学ぼう

英語のプレゼン5日間の技術

〇英語面接合格フレーズ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA