英語で何という?違いは?リモート会議、ウェブ会議、オンライン会議をしよう!

まず、リモート会議、ウェブ会議、オンライン会議をしよう!を英語でなんていうのでしょうか?それぞれの違いはあるのでしょうか?英語では各々、

”Let's Have Remote Meetings, Web Conferences, and Online Meetings”と言います。

次にそれぞれに違いを比較してみましょう!

リモート会議 (Remote Meeting)

特徴:

  • 主な目的: 地理的に離れた場所にいるチームメンバーや個人が、遠隔でコミュニケーションを取るために利用されます。
  • ツール: 通常、ビデオ通話ソフトウェア(例:Zoom、Skype、Microsoft Teamsなど)や電話会議システムが使用されます。
  • 形式: 音声のみの場合もありますが、ビデオと音声の両方が一般的です。
  • 利用シナリオ: 在宅勤務者、異なるオフィスにいるチーム、クライアントとのミーティングなど。

ウェブ会議 (Web Conference)

特徴:

  • 主な目的: 複数の参加者がインターネットを介してリアルタイムで情報を共有し、コラボレーションを行うために利用されます。
  • ツール: ウェブ会議プラットフォーム(例:Zoom、Webex、GoToMeetingなど)が使用されます。
  • 形式: ビデオ、音声、チャット、画面共有、ファイル共有などが含まれます。
  • 利用シナリオ: ウェビナー、トレーニングセッション、プレゼンテーション、ワークショップなど。

オンライン会議 (Online Meeting)

特徴:

  • 主な目的: 広義には、インターネットを介して行われるすべての会議を指します。リモート会議やウェブ会議もこのカテゴリに含まれます。
  • ツール: 通常、ビデオ会議ソフトウェア(例:Zoom、Google Meet、Microsoft Teamsなど)が使用されます。
  • 形式: ビデオ、音声、チャット、画面共有、コラボレーションツールなど、多様な機能が利用可能です。
  • 利用シナリオ: プロジェクトミーティング、日常の業務会議、チームビルディング活動など。

違いのまとめ

  • リモート会議は、地理的に離れた場所から参加することに重点を置いており、音声のみやシンプルなビデオ通話が一般的です。
  • ウェブ会議は、インターネットを介して複数の参加者が情報を共有し、コラボレーションを行うための包括的なプラットフォームであり、プレゼンテーションやワークショップに適しています。
  • オンライン会議は、リモート会議やウェブ会議を含む、インターネットを介して行われるすべての会議を指します。ビデオ、音声、チャット、画面共有など、多様な機能が利用可能です。

これらの用語の違いを理解することで、適切なツールや方法を選び、効果的なコミュニケーションを図ることができます。

英語面接・会議に備えて一冊読む

英語面接完全マニュアル

この記事の筆者

Lio(りお)・ライター/信頼と実績のある日本の国家資格キャリアコンサルタント。米国CCE認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー&行動心理士。大手&外資系含め人事歴25年/海外で人事関係の学位取得(Professional diploma of Employment Relations)自らも転職5回&外資系含む大手200社受験経験有。海外子女でありTOEIC900点台をキープ。越境した働く!英語を活かして働く皆様をメディアとレッスンでご支援しております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA