逆質問で企業の「強み」を聞くのは良いのか?

逆質問とは

採用面接や、転職の面接では、「逆質問」というものがあります。これは、面接官からの質問ではなく、応募者が最後に「質問はありますか?」と問われ、応募者側から質問する行為です。

■逆質問についてはこちらも参考

採用面接での逆質問例50選!「何か質問は?」と聞かれたときの答え方 | マイナビクリエイター (mynavi-creator.jp)

逆質問で企業の「強み」を聞いても良いか?

逆質問で企業の強みを聞くのは良いのでしょうか?

答えとして、ダイレクトに聞くのは、「やめておきましょう」

採用面接

逆質問で「強み」を聞いてはいけない理由

理由(1)企業の強みを調べていない勉強不足という印象を与える

強みをダイレクトに敢えて、聞く行為は勉強不足という印象を与えます。

「御社の強みは何でしょうか?」と聞くのは、あまりにダイレクトすぎます。

理由(2)あまりに大雑把すぎて、面接官が答えにくい

質問としては、受け入れられたとしても、あまりに企業の強みというと大雑把すぎます。面接官も、答えに窮してしまう可能性があります。ですので、聞くとしたら

❕良い例:「XX事業は私なりには調べたのですが、この事業の強みはどういったところになるのでしょうか」

 ➡上記は、私なりに調べたという前置きがある点、そして、「事業」という単位で聞けている点で、面接官が答えやすい展開になっています。

❕良い例:「御社の強みは、私なりには経営ポリシーになると思うのですが、どうでしょうか」

 ➡上記は、自分なりに意見を述べたうえで、見解を聞いており、勉強不足感を感じさせない展開になっています。

逆質問で聞くなら、「強み」よりも「展望」や、「ビジョン」

逆質問でもし、企業の事を聞きたいなら、未来展望や、ビジョンがよいでしょう。ここは、企業のホームページにも書いていない内容ですし、勉強不足感は与えません。未来の話題ですし、ポジティブな質問でもあるでしょう。

■🎥逆質問もYoutubeで研究!

【高評価率98.2%】就職面接の「逆質問」を20分で完全攻略【就活転職ノウハウ】 - YouTube

100円での「強み」発掘&面接練習なら

今すぐ100円で「強み」分析&「面接」対策したい!

■30分100円~の「強み」分析&面接(英語あり)レッスンなら👇

Banso Career in Japan | 貴方の「強み」と伴走するグローバルキャリアメディア&レッスン (job-career-japan-banso.net)

講師:やこ

お気軽に参加ください☺

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA