英語面接での強み言い方例一覧と5つの対策(外資系・転職)[2023年版]

英語面接での強み言い方例一覧(外資系・転職)

まずは、英語面接での強み言い方例一覧100をご覧ください。こちらから、ご自身に合うものをピックアップしましょう

【英語版:面接での「強み」一覧100】

英語版強み100

【日本語版:面接での「強み」一覧100】

日本語版強み一覧100

英語面接での強みの5つの対策

英語面接において、「強み」を言う際の対策を5つ挙げましょう。

結論から言う

まず、英語面接は、ロジックでスマートな話し方をする方が好まれます。よって、結論から、終わりからいうのが鉄則です。日本企業で好まれる起承転結はここでは辞めておきましょう。

例:I` m self-motivated person because ➡ここで理由を述べます。

強みの構成(人間力だけにしない)

日本人の応募者に多いのは、「人間性・人間力」だけしか言わない方です。3つ挙げるなら、せめて一つは上記一覧のコンセプチュアルスキル、専門スキルを加えていきましょう。即戦力重視の外資系・グローバル企業では、老舗日系企業が重視するチームワーク力、真面目、コミュニケーションスキルなど人間性だけでは、アピール度が落ちてしまうでしょう。

完璧な英語でなくていい

通じる英語を心がけましょう。簡単な単語でゆっくり話すのでOKです。クイーンズEnglishのような発音や文法の正確さより、面接官は「中身」を求めています。

自信を持つ

「強み」のアピールは自信を持ちましょう。日本人にありがちな、ちょっと謙遜した言い方はマイナスです。例えば、I`m afraid but , I support this is my strength などはっきり言いきらない表現も使う必要はありません。しっかり、私の強みは XX ですと自信を持って述べていきましょう。

深堀に注意

強みを述べた後は、「深堀」をされる可能性が高いです。強みについて、その根拠や具体的エピソードまでしっかり英語で言えるように注意しましょう。

英語面接の「強み」はいくつ言えばいいのか?

英語面接での強みも、特別な指定が無ければ2つ~3つが良いでしょう。あまり英語に自信がない場合は、多く出し過ぎず、一つに絞って言うのも手ですが、「他にないのか」と聞かれる場合もあるので注意しましょう。

英語面接を100円で練習するなら

今すぐ100円で「強み」分析&「面接」対策したい!

■30分100円~の「強み」分析&面接(英語あり)レッスンなら👇

Banso Career in Japan | 貴方の「強み」と伴走するグローバルキャリアメディア&レッスン (job-career-japan-banso.net)

講師:やこ

お気軽に参加ください☺

この記事の筆者

Yaco(やこ)/「強み」を活かす戦略キャリアコンサルタント/「強み」を発掘し、活かす転職&ギグ(兼業)という働き方支援中/人事歴25年/海外で人事学位取得/国家資格キャリアコンサルタント&米国CCE認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー&行動心理士/転職5回&外資系含む大手200社受験経験有/ドラクエとラーメンが好き☺

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA