新卒・就活で英語面接対策は必要なのか?の答え

就活で英語面接

就活で英語面接対策は必要なのか?の答え

就活で英語面接対策は必要なのか?の答えを言いますと

「ほぼ不要」

「限られたケースのみ、準備は必要」

となるでしょう。

就活で英語面接対策はほぼ不要

就活で英語面接対策はとなる理由ですが、以下2点があるしょう。

理由1:日系企業では必要性がない

日系企業を受験する場合、新卒の就活時点で英語が話せる必要性がないため

上記については、いきなり新卒で英語がペラペラに話せないといけないような仕事は数少なく、かつ、面接時に英語力を確認することはほぼないでしょう。仮に外国人が上司である場合も、日本人が面接に入り、日本語で行われるのが一般的です。新卒の大学生にタフな英語力はそこまで求めてはいないと言えるでしょう。心配しなくても大丈夫でしょう。

理由2:外資系でもほとんど上司は日本人

外資系受験の場合でも、新卒の学生の直属上司は、ほぼ日本人のため

新卒で入社予定の学生の場合、最初の直属上司はほとんどのケースで日本人です。上位上司になると外国人になるケースもありますが基本、いきなり入社後に英語が日常にあることは少ないでしょう。もちろん、メールや会議は英語だったりしますが、ここは、入社後に鍛えていけばよい領域でしょう。

限られたケースのみ、準備は必要

但し、ごくまれに新卒の就活でも準備をしておいた方が良いケースもあるでしょう。

準備が必要なケース:海外現地での直接採用

海外現地での直接採用は、英語即戦力になるため

上記は、昨今増えている海外での現地直接採用(ローカル採用)です。この場合は、さすがに海外での常駐の仕事になるので、いきなり英語面接であることが多いかもしれません。現地の上司が日本人である場合は、その限りではありませんが、それでも万が一の備えで、英語面接の心づもりはしておいた方がいいでしょう。

準備が必要なケース:外資系ファーム、投資会社、メガテック

最高峰ともいえる外資系コンサルファーム、投資会社、GAFAなどのメガテックの場合

これらの企業の場合、新卒就活の段階から、英語面接が入る可能性は十分あります。当然ながら、新卒と言えど、入った途端にグローバル競争の世界です。そもそも、これらの企業を受験される学生は、海外子女や海外大学卒も多く、「英語面接はちょっと・・」と言われる方はあまりいないと思われる故、あまり問題にならないケースが多いです。

英語面接の準備を100円~しておくには

今すぐ100円で「強み」分析&「面接」対策したい!

■30分100円~の「強み」分析&面接(英語あり)レッスンなら👇

Banso Career in Japan | 貴方の「強み」と伴走するグローバルキャリアメディア&レッスン (job-career-japan-banso.net)

講師:やこ

お気軽に参加ください☺

この記事の筆者

Yaco(やこ)/「強み」を活かす戦略キャリアコンサルタント。人事歴25年/海外で人事関係の学位取得/国家資格キャリアコンサルタント&米国CCE認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー&行動心理士/転職5回&外資系含む大手200社受験経験有/「強み」を発掘し、活かす転職&ギグという働き方支援中。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA