日本の上司への贈り物・お土産は何にするべきか

上司への贈り物・お土産

日本の文化では、上司に贈り物やお土産を買うことは、日ごろの感謝の意を表す日常的に良く行われる行為です。しかし、適切な贈り物やお土産を選ぶことは、日本人にとっても、時に悩ましいものです。上司に対する贈り物は、その方の好みや職場の文化、関係性などを考慮する必要があります。そこで、日本の上司への贈り物・お土産について考えてみましょう。

好みや趣味に合ったもの

まず、上司に贈る贈り物・お土産は、その方の好みや趣味に合ったものが良いでしょう。例えば、上司がお酒好きならば、日本酒や洋酒、お酒に関連したグッズ、地ビールなどもが喜ばれるでしょう。また、お茶好きならば、上質なお茶セットも良い選択肢です。中国や、インドなどのお茶も日本人には好まれます。趣味や好みに合った贈り物は、相手が喜んで受け取ってくれることでしょう。

自国文化や伝統を反映した贈り物

次に、自国文化や伝統を反映した贈り物も良い選択肢です。自国の菓子、お菓子詰め合わせは、気軽に楽しめる贈り物として人気があります。ただし、現地の露店で買ったようなもの、生ものは避けられるかもしれません。また、伝統工芸品や雑貨も、日本らしい趣があり、上司に喜ばれることでしょう。

実用的な贈り物

さらに、実用的な贈り物も喜ばれるでしょう。上司がビジネスマンであれば、筆記具や名刺入れ、ノートなどが役立つ贈り物となります。また、健康やリラックスに関連したアイテムも良い選択肢です。あまりに高価すぎるものは避けましょう。

心のこもったメッセージ

最後に、贈り物には心のこもったメッセージを添えることも大切です。贈り物を選ぶ際には、その方への感謝の気持ちや尊敬の念を込めて、手紙やカードで伝えることができます。上司への贈り物は、単なる物品ではなく、感謝や尊敬の意を表す大切なコミュニケーションの手段でもあります。手紙やカードを添えてもいいでしょう。

高価なものは避けましょう

日本の上司への贈り物は、相手の好みや関係性を考慮しながら、心を込めて選ぶことが重要です。相手が喜んで受け取り、心から感謝される贈り物を選ぶことで、良好な関係が築かれるでしょう。ただし、過度に高価なものを送るのは、逆効果になることがあります。およそ、日本円にして数千円を超えるものは、特別なイベント(退職や昇進)でない限り、いきなりもらうのは違和感を持たれます。気を付けましょう。

この記事の筆者

Lio(りお)・ライター/信頼と実績のある日本の国家資格キャリアコンサルタント。米国CCE認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー&行動心理士。大手&外資系含め人事歴25年/海外で人事関係の学位取得(Professional diploma of Employment Relations)自らも転職5回&外資系含む大手200社受験経験有。海外子女でありTOEIC900点台をキープ。越境した働く!英語を活かして働く皆様をメディアとレッスンでご支援しております。

世界で買うおみやげ図鑑は参考になります

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA