留学のための英語面接で聞かれそうな質問10選と対策とは

留学前には、留学先の学校や、事前にVISA取得為、出身元の学校など、様々な英語面接の機会があるでしょう。この面接に際しては、留学だからこそ、しっかり固めておく質問があります。以下10個の質問に対してしっかり回答を準備できているでしょうか?

  1. Why do you want to study abroad?
    • 対策: 異文化体験や言語スキルの向上、特定の学問分野での専門知識の習得など、自分の具体的な目的や動機を述べます。
  2. Why did you choose this country/school/program?
    • 対策: その国や学校、プログラムの特長や魅力を調べ、自分の興味やキャリア目標にどのように合致しているかを説明します。
  3. What are your academic goals and how will studying abroad help you achieve them?
    • 対策: 具体的な学問的目標を述べ、それが留学によってどのように達成できるかを説明します。特に留学先のプログラムや施設がどのように役立つかを強調します。
  4. How do you plan to handle the challenges of living in a foreign country?
    • 対策: 異文化適応のための具体的な計画や、過去の経験を交え、ストレスや文化的な違いにどのように対処するかを説明します。
  5. Tell me about your academic background and achievements.
    • 対策: 学歴や成績、特に優れた成果やプロジェクト、受賞歴などを具体的に述べ、自分の学問的な能力をアピールします。
  6. How do you plan to finance your studies abroad?
    • 対策: 奨学金や家族の支援、アルバイトなどの具体的な財政計画を説明し、経済的に自立していることを示します。
  7. What do you know about the culture of the country you are going to?
    • 対策: 留学先の国の文化や習慣について調べ、自分がどのようにその文化に適応するつもりかを説明します。
  8. What do you hope to gain from this experience?
    • 対策: 学問的な知識だけでなく、異文化理解や自己成長、将来のキャリアにどのように役立つかを具体的に述べます。
  9. How do you handle stress and pressure in academic settings?
    • 対策: ストレス管理の具体的な方法(例:時間管理、リラクゼーションテクニックなど)を述べ、実際に効果的だった経験を話します。
  10. Do you have any questions for us?
    • 対策: プログラムの詳細や学生サポート、現地での生活などについて具体的な質問を用意し、興味と意欲を示します。

これらの質問に対して準備をし、練習することで、留学の面接に自信を持って臨むことができます。

英語面接完全マニュアルで準備する

この記事の筆者

Lio(りお)・ライター/信頼と実績のある日本の国家資格キャリアコンサルタント。米国CCE認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー&行動心理士。大手&外資系含め人事歴25年/海外で人事関係の学位取得(Professional diploma of Employment Relations)自らも転職5回&外資系含む大手200社受験経験有。海外子女でありTOEIC900点台をキープ。越境した働く!英語を活かして働く皆様をメディアとレッスンでご支援しております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA