10分英語プレゼンのコツと注意点、文字数は?

10分間の英語プレゼンテーションを成功させるためのコツと注意点、および文字数などについて以下にまとめます。

コツと注意点:

  1. メッセージの明確化: プレゼンの中心となるメッセージを明確にし、それを強調するように構成します。
  2. ストーリーテリング: 聴衆の関心を引く物語を組み込み、論理的な流れでプレゼンを構築します。
  3. 視覚的な要素: グラフや図表などの視覚的な要素を活用して、情報を補足したり視覚的に示したりします。
  4. 練習: スムーズなプレゼンを行うために、練習を重ねてタイミングや流れを確認します。
  5. アイコンタクト: 聴衆とのアイコンタクトを保ちながらプレゼンを行い、関心を引くよう努めます。
  6. フィードバックの受け入れ: プレゼンを改善するために、フィードバックを積極的に受け入れます。

文字数:

10分間のスピーチは、おおよそ約1,400~1,600語程度が目安です。ただし、スピーチの速さや休憩の有無によって変わるため、練習を重ねて調整することが重要です。

時間配分:

  • イントロ (Introduction): 1分
  • 本編 (Body): 7分
  • 結論 (Conclusion): 2分

構成:

  1. イントロ: プレゼンの目的や導入部を明確にし、聴衆の興味を引く内容を盛り込みます。
  2. 本編: 主題を適切に展開し、具体例や統計データなどで裏付けます。適宜視覚的な要素を挿入します。
  3. 結論: メッセージを強調し、プレゼン全体をまとめます。明確な結論や次のステップを示します。

以上のポイントを考慮しながら、10分間の英語プレゼンテーションを準備し、実施すると効果的です。

英語面接完全マニュアルで対策するのもありですね。

この記事の筆者

Lio(りお)・ライター/信頼と実績のある日本の国家資格キャリアコンサルタント。米国CCE認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー&行動心理士。大手&外資系含め人事歴25年/海外で人事関係の学位取得(Professional diploma of Employment Relations)自らも転職5回&外資系含む大手200社受験経験有。海外子女でありTOEIC900点台をキープ。越境した働く!英語を活かして働く皆様をメディアとレッスンでご支援しております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA