英語を話せない30歳代が海外で働くには

はじめに

先行きの見えない日本。いよいよ30歳代に突入し、これからのキャリアを考える中で、海外での仕事に興味を持つ人も多いでしょう。

しかし、英語が話せないという大きなハードルに直面し、不安を感じることもあるでしょう。この記事では、英語を話せない30歳代が海外で働くための具体的な方法や対策を紹介します。

1. 現地語の学習

海外で働く際に「英語」が必要とされる場合が多いですが、必ずしも全ての国で英語が共通言語となっているわけではありません。例えば、中国や韓国、日本など、現地語が優先される国も多くあります。そのため、まずは目的地の言語を学ぶことが重要です。オンライン学習プラットフォームや現地の語学学校を利用して、基礎的なコミュニケーションスキルを身に付けることから始めましょう。

2. 日本企業の海外拠点での勤務

日本企業は多くの海外拠点を持っており、現地での業務を担当するスタッフを必要としています。英語が話せなくても、日本語でコミュニケーションが取れる環境が整っているため、比較的スムーズに働くことができます。特に、技術職や専門職であれば、スキルを活かした仕事が見つかる可能性が高いです。

3. 技術や専門知識を活かす

特定の技術や専門知識を持っている場合、そのスキルを活かして海外で働くことができます。例えば、ITエンジニアや医療従事者、クリエイティブ分野の専門職などは、言語の壁を越えて活躍できるチャンスがあります。自分の強みを活かせる職種を見つけ、スキルを磨くことが大切です。

4. 通訳や翻訳ツールの活用

近年の技術進歩により、リアルタイムで通訳や翻訳を行うツールが充実しています。これらのツールを活用することで、言語の壁を乗り越え、海外でのコミュニケーションを円滑にすることができます。特に、初めての海外勤務で不安が大きい場合は、こうしたツールを積極的に利用してみましょう。

5. 海外でのネットワーキング

海外での人脈を築くことは、仕事探しやキャリアアップに非常に重要です。現地の日本人コミュニティや業界関連のイベントに参加することで、貴重な情報やサポートを得ることができます。また、オンラインのプロフェッショナルネットワーキングサイト(LinkedInなど)を活用して、現地のビジネスパーソンとつながることもおすすめです。

6. フリーランスとしての働き方

最近では、インターネットを活用したフリーランスの働き方が注目されています。特に、ライティングやデザイン、プログラミングなどのスキルを持っている場合は、言語の壁を気にせずに世界中のクライアントと仕事をすることが可能です。自分のスキルを磨き、オンラインプラットフォームを通じて仕事を見つけることで、海外での生活を実現できます。

7. 英語学習の重要性

最終的には、英語のスキルを向上させることが海外でのキャリアにとって大きなプラスになります。英語を話せない30歳代でも、決して遅すぎることはありません。毎日の生活の中で少しずつでも英語を学び続けることで、自信を持って海外で働くことができるようになります。オンライン英会話レッスンや英語学習アプリを活用して、楽しく英語を学びましょう。

8. 英語が話せない30歳代が海外勤務した事例

32歳だったAさんは、念願のタイでの海外勤務をかなえています。しかし、TOEICは500点以下。なぜ、海外勤務ができたかというと、「現地の日系企業にプログラミング」のスキルを買われたからです!オフショア開発として、海外現地でIT企業を立ち上げる日本人経営者も多いものです。現地を何度か旅行する中、現地の経営者と親しくなったAさんは、そのまま経営者に人柄とスキルを買われ、海外勤務をすることに。日系企業なので、さほどの英語力は不要で、プログラミングを海外で教えながら、業務を遂行するというやりがいをえています。

9. 書籍で学ぶ

結論

英語を話せない30歳代でも、海外で働くことは十分に可能です。現地語の学習や日本企業の海外拠点での勤務、技術や専門知識の活用、通訳ツールの利用、ネットワーキング、フリーランスとしての働き方など、さまざまな方法があります。まずは、自分に合った方法を見つけ、積極的にチャレンジしてみましょう。そして、少しずつでも英語のスキルを向上させる努力を続けることで、より多くの可能性が広がるでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA