外資系企業の英語面接でよく聞かれることと、答え方の留意点やヒントとは

外資系企業の英語面接でよく聞かれることと、その答え方の留意点やヒントを以下にまとめます。これらの質問に対する準備をすることで、自信を持って面接に臨むことができます。

よく聞かれる質問10選

  1. Tell me about yourself.(自己紹介をしてください)
    • 留意点: 自己紹介は、簡潔かつ具体的に話すことが重要です。職歴や学歴を簡単に説明し、最近の経験やスキルに焦点を当てます。
    • ヒント: 1-2分程度で、自分の強みや志望動機に繋がる話をするように心がけましょう。
  2. Why do you want to work here?(なぜ当社で働きたいのですか?)
    • 留意点: 企業研究をしっかり行い、その企業の価値観やビジョンに共感していることを伝えます。
    • ヒント: 具体的なプロジェクトや企業の取り組みを挙げ、自分の目標とどう一致するかを説明すると良いです。
  3. What are your strengths and weaknesses?(あなたの強みと弱みは何ですか?)
    • 留意点: 強みは具体的な例と共に説明し、弱みは改善のための努力や学んだことを含めるようにします。
    • ヒント: 「弱み」をポジティブに捉え、成長の機会として話すことが重要です。
  4. Describe a challenging situation and how you handled it.(困難な状況をどのように対処しましたか?)
    • 留意点: STAR(Situation, Task, Action, Result)メソッドを使って具体的なエピソードを構成します。
    • ヒント: 結果として学んだことや成功したことを強調すると良いです。
  5. Where do you see yourself in 5 years?(5年後にどのような自分になっていたいですか?)
    • 留意点: キャリアゴールとその企業でどのように成長していきたいかを具体的に話します。
    • ヒント: 企業の将来像と自分のキャリアパスが一致していることを示すと良いです。
  6. Why are you leaving your current job?(なぜ現職を辞めるのですか?)
    • 留意点: ネガティブな理由ではなく、新しい挑戦や成長の機会を求めていることを強調します。
    • ヒント: 前職に感謝しつつ、新たな環境での貢献意欲を示しましょう。
  7. How do you handle stress and pressure?(ストレスやプレッシャーにどのように対処しますか?)
    • 留意点: 具体的な方法や実例を交えて説明し、冷静に対応する能力を示します。
    • ヒント: ストレス管理のスキルやリラクゼーションの方法を具体的に挙げると良いです。
  8. What can you bring to this company?(あなたは当社に何をもたらせますか?)
    • 留意点: 自分のスキルや経験が企業のニーズにどうマッチするかを具体的に話します。
    • ヒント: 企業の課題やプロジェクトに自分がどう貢献できるかを明確に説明しましょう。
  9. Do you have any questions for us?(私たちに何か質問はありますか?)
    • 留意点: 興味や意欲を示すために、事前に考えた質問を用意しておきます。
    • ヒント: 企業文化、チームの構成、今後のプロジェクトなどについて質問すると良いです。
  10. What are your salary expectations?(希望する給与額を教えてください)
    • 留意点: 市場調査を事前に行い、現実的な数字を提示します。
    • ヒント: 給与だけでなく、全体の報酬パッケージについての期待も含めて話すと良いです。

実際のケース

実際のケースでは、1~10までが順番に聞かれるわけではありませんが、基本すべての質問に対してすべて解答案は用意しておいて方が良いでしょう。外資系を多く受験した私のケースでは、3~5について、深く、行動を聴かれることが多かったです。行動の再現を知りたいので、特に3~5については、自信をもって、エピソードを話したいものです。

答え方のヒント(PCCC)を意識しよう!

  • Preparation: 事前に質問のリストを作成し、練習することで自信を持って答えることができます。
  • Clarity: 明確かつ簡潔に答えることを心がけます。冗長にならないように注意しましょう。
  • Confidence: 自分の経験やスキルに自信を持ち、ポジティブな態度で面接に臨むことが重要です。
  • Cultural Fit: 企業文化とのフィット感を示すことが大切です。企業の価値観やビジョンに共感していることを伝えましょう。

これらの質問と回答のヒントを元に、しっかりと準備を整えて面接に臨んでください。成功を祈っています!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA