英語プレゼンで「ご清聴ありがとうございました」は何という?使用にあたる留意点と特徴は?

「ご清聴ありがとうございました」を英語プレゼンテーションで表現する際のいくつかのフレーズと、それぞれの特徴と使用時の注意点を紹介します。

1. "Thank you for your attention."

特徴:

  • フォーマルさ: フォーマルな場面に適しています。
  • 感謝の意: 聴衆が話に集中してくれたことに対する感謝を表現します。

使用にあたり気を付ける点:

  • 適切な場面: フォーマルなビジネスプレゼンテーションや学術発表など、聴衆が集中して聞くことが期待される場面に向いています。
  • 発音: "attention" の発音に気を付けることで、感謝の意を明確に伝えることができます。

2. "Thank you for listening."

特徴:

  • カジュアルさ: ややカジュアルな場面でも使いやすいです。
  • 直接的な表現: 聴いてくれたことに対する感謝を直接的に表現します。

使用にあたり気を付ける点:

  • 適切な場面: カジュアルなミーティングや日常のプレゼンテーションに適しています。
  • トーン: トーンがあまり軽すぎないように注意し、感謝の意をしっかりと伝えましょう。

3. "Thank you for your time."

特徴:

  • 時間の尊重: 聴衆の貴重な時間を割いてもらったことに対する感謝を示します。
  • 汎用性: 多くの状況で使える汎用性があります。

使用にあたり気を付ける点:

  • 適切な場面: ビジネスミーティング、セミナー、ワークショップなど、さまざまな状況で使えます。
  • 誠実さ: 誠実な感謝の意を込めることで、聴衆へのリスペクトを示しましょう。

これらの表現を使い分けることで、プレゼンテーションの締めくくりがより効果的になります。それぞれのフレーズが持つニュアンスを理解し、状況に応じて最適な表現を選ぶことが重要です。

プレゼンの英語フレーズ1000で学ぶ

この記事の筆者

Lio(りお)・ライター/信頼と実績のある日本の国家資格キャリアコンサルタント。米国CCE認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー&行動心理士。大手&外資系含め人事歴25年/海外で人事関係の学位取得(Professional diploma of Employment Relations)自らも転職5回&外資系含む大手200社受験経験有。海外子女でありTOEIC900点台をキープ。越境した働く!英語を活かして働く皆様をメディアとレッスンでご支援しております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA